色素斑に対するレーザー治療のご案内

当院では、色素斑(一般的に言うシミ)に対するレーザー治療を行っています。

導入しているレーザー治療器はキャンデラ社のQスイッチアレキサンドライトレーザーです。
ご相談は通常の受付時間内にご来院ください。
※面積の合計が16cm²超えの場合は、原則受診当日ではなく、日程を調整させていただき後日の照射になります。


※紫外線のとくに強い時期はレーザー治療は不向きです。照射する場合は厳密な遮光が必要となります。
※顔に色素斑がある方は、正確な診断の為にお化粧せずにご来院下さい。
※色素斑の状態によっては、診断のため組織を一部採取する皮膚生検をおすすめすることが
 あります(とくに悪性の可能性を否定できないとき)。
※保険診療が可能かどうかでの分類は以下です。

[保険診療対象]
 ●太田母斑 ●異所性蒙古斑 ●外傷性色素沈着


[保険診療対象外]
 ●扁平母斑 ●老人性色素斑 ●そばかす


保険診療対象外の料金に関しては、以下をご参照下さい。施術料金には照射の時に使う外用剤や覆う材料は含まれます。レーザー照射後も継続する内服や外用剤は含まれません(ビタミンCやハイドロキノンクリームなど)。
 

色素斑(しみ・そばかす)の保険外レーザー治療料金表

レーザー治療 種別 条件・範囲 料金 備考









保険外施術費用





 しみ
面積0.5㎠以下 5,000円                                                   
同一部位で照射1年以内であれば3回目の照射料金は表の半額。
面積16cm²超えでは原則受診当日ではなく、日程を調整させていただいで後日の照射になります。
面積1c㎡以下 11,000円
面積1c㎡を超え
4c㎡以下
22,000円
面積4c㎡を超え
16c㎡以下
33,000円
面積16c㎡超え
32㎠以下
44,000円
面積32㎠超え
64㎠以下
55,000円
そばかす 色素斑が細かいので
個数で算定
1個につき
1,100円
試験照射
数発の照射です 2,200円
広範囲照射予定の際、治療の有効性を確認する目的で行い
3ヶ月程経過を見て有効ならば本照射します。

※試験照射以外のレーザー照射後は、受診ごとにレーザー管理指導料1,650円が別途かかります。
同時にレーザー照射に関連した内服(ビタミンC、トランサミン)や外用剤(ハイドロキノンクリーム)も自由診療になります。


 

レーザー照射面積のイメージ

① 0.5㎠以下:7㎜×7㎜ですと0.49㎟ですね。この面積に入るサイズはこの値段で行えます。
        
②   1   ㎠以下:比較的小型のシミです。

③ 4 ㎠以下:おおむね黒目(瞳)のサイズ前後が該当します。

④ 16  ㎠以下:この範囲ですとかなり大きいシミに対応できます。

さらに、顔など同一部位に複数のしみがある場合は面積を合算できます。例えば図で③と④のしみを同時にお持ちの場合、
個別計算では¥22,000+¥33.000となりますが、合算ですので面積が32㎠以下になり¥44,000で行えます。






*図はイメージです。料金は実測値を表に当てはめて計算します。

よくあるご質問(Q and A)

Questions

Q:予約は必要ですか?   
A:本院は予約制ではございませんので必要ありません。とくに広範囲の場合は日程を調整することがあります。

Q:化粧はだめですか?   
A:もし照射時化粧なしが難しければ洗っていただきます。お帰りのときは照射部以外のお化粧は可能です。こちらで保湿剤を塗布することもいたします。照射後はただれがなければ翌日から可能です。

Q:効果は保証されますか? 
A:当院ではレーザー治療に有効性が確認されているシミのみに照射いたします。ただ、個人差がありますので受診時に疑問な点は遠慮なくご相談ください。とくに扁平母斑の場合、照射後の再発や炎症後色素沈着がみられやすい傾向があります。

Q:痛みはありますか?   
A:狭い範囲であればあまり気にならないことが多いです。ご心配な方は表面麻酔薬という張り薬を約1時間貼ると時の痛みが軽減します。

Q:そもそもQスイッチアレキサンドライトレーザーとはどのような装置ですか。
A:美容目的のみに使われるレーザーではなく、限られた種類ではありますが保険適応が認められた医療承認レーザー機器です。メラニン色素(茶色や黒っぽい色)によるシミを対象に作られ、比較的照射による合併症が少ないといわれています。

Q:1回の照射でシミは取れますか?
A:1回の照射で効果があり満足なされ再発がなければ1回で終わりです。さらなる改善を希望されたり、再発がみられた場合には2回目を行うことがあります。3回以上を要することは少ないですが、同様に行うことがあります。

Q:何歳から何歳まで照射は可能ですか?
A:個人差はありますが、おおむね3歳から10歳の間は全身麻酔が必要であり、当院では行えません。





 

ページトップ